自然乾燥はNG!ポリピュアEX使用後のドライヤー問題

ポリピュアEXは、育毛成分の濃度を重要としている育毛剤です。

成分数は多くない分、数を厳選することで濃度を高くしているようですし、リニューアルした時も独自成分であるバイオポリリン酸の濃度が69%UPという文言も記載されていましたし。

そんなポリピュアEXは頭皮がなるべく清潔な時に塗ることがボトルの説明によってすすめられています。

「頭皮が清潔な状態=シャンプーの後」であり、まさにこの時間がポリピュアEXを塗布するオススメタイムです。

シャンプーの方法も自己流で適当にガシガシ洗うのではなく、頭皮を傷つけることなく、1日の汚れをきちんと洗い落とすことが肝心です。

まずシャンプーからしっかりと極めてみたい!と思うあなたは、こちらでシャンプーの方法についてまとめているのでさらっとチェックしてみてください。

シャワーの温度やシャンプーの付け方など4つのステップでまとめています。

シャンプーも大事ですが実は、今回ご紹介したいもっと重大な問題は、ずばりドライヤーの使い方。

しっかりキレイにしても、最後のドライヤーの方法が間違えていれば、せっかくのポリピュアEXの成分の濃度をムダにしてしまうことにもなりかねません。

さらに、そもそも論ですが、私は同じくポリピュアEXを使っている複数の友人にポリピュアEXの使い方について話題をふってみました。

すると、ほとんどが「めんどくさい」「やる必要ないと思っていた」という理由でドライヤーを毎日使っていませんでした。 。

経験者目線からすると、これでは、せっかくのポリピュアEXからもたらされる効果が台無しだ。。。

なぜドライヤーが必要なのか、その理由とともに、実際にどのようにドライヤーを使いこなしていけばいいのか、しっかりとご紹介したいと思います。

1.ドライヤーは絶対に使う

まずは押さえておきたいのはポリピュアEXを使う以上ドライヤーを使うのは必須だということ。

たとえばタオルだけで乾かしたつもりでも、かなり時間がたたないと水分は完全に吹き飛んでいません。

育毛剤の使い方で見逃しがちだけど、大切なのは、とにかく含まれている成分濃度を下げずに頭皮にまで届けること。

乾かす前の水分を含んだ頭皮にポリピュアEXをかけてしまうと、残っている水分と混じり合ってしまい、育毛液の濃度は薄れてしまいます。

さらに、水分が残った状態で塗布すると、時間が経つとともに、水分と一緒に蒸発してしまうため、せっかくの成分が頭皮の奥底にまで浸透ができません。

水分によって育毛成分の濃度が薄まり、さらに乾いてしまうと浸透すら行われない…これでは効果ないといわれても仕方ありませんね。

もっとも基本的なことは、

  • 自然乾燥まかせの濡れた髪の毛では絶対に使わない
  • タオルだけで乾かしても水分は残っているからNG
  • ドライヤーでしっかりと頭全体を乾かして、浸透しやすい状況をつくる

この3点をしっかりと押さえておきましょう。

2.ドライヤーは毎日、根元まで乾かすまで使わないと意味がない

「ドライヤーちゃんとつかってるよ。」こういう友人もいました。

しかし、よくよく話を聞いてみると、「気が向いた時に1分くらいチャチャッと使う感じかな」と、凄くずさんな使い方をしていたんですねw

これでは乾いていないのとほぼ同じ。水分は完全に吹き飛んでおらず、結局残ったままです。

最初は面倒に感じますが、ドライヤーは毎日し習慣化しましょう。

ドライヤーをしない日は、「ポリピュアEXを使っても効果がない日」と暗示をかけてもいいくらいです。

育毛剤を毎日2回塗布することが重要なように、ドライヤーも毎日することが重要なんです。

次にドライヤーをあてる時間。

たった1分ではどれだけ髪の毛が短くても、髪の毛は乾かないでしょう。いわゆる生乾き状態です。

もちろん、髪の毛の長さにもよるため個人差はあります。

おおよその目安として最低でも3分から5分くらいは必要かと思います。

「髪の根元を触って髪の毛が乾いているかどうか?」

これがドライヤーを正しく使えている判断基準です。

時間はあくまでも目安として、生乾き防止の為に根元が乾くまできちんとドライヤーを当て続けましょう。

最初は面倒に感じると思いますが、ポリピュアEXを正しく使い効果を発揮するために頑張るしかありません。

3.時短できる具体的なドライヤーのかけ方

「よしよし、ドライヤーね」と、頭から距離をとって全体的にブワーッと当てていませんか?

この方法だとドライヤーを当てる時間が長くなり、めんどうくさくなって習慣化する前にやめてしまうかもしれません。

ポリピュアEXの成分濃度をムダにせず、きちんとした効果を発揮するためにドライヤーは使います。

さらに時短の意味でも効率的に要点を押さえてドライヤーを使うことをオススメします。

具体的なドライヤーのかけ方は次のように行います。

  • 髪をかき分けながら根元に向けて重点的にドライヤーをあてる
  • 特に頭頂部は髪の根元に5本指を差し込んで空気の通り道をつくる
  • 最後に頭皮をマッサージするように指の腹で髪を揺らしながらドライヤーをする

これをマスターすることで、乾かしたいところが乾き、しかも早くドライヤーが終わると一石二鳥なのでオススメです。

ただし、頭皮に近づけすぎてしまうと、熱風により、熱すぎてやけどの原因になってしまうこともあるので、乾かしすぎ、当てすぎには十分注意しながらおこなってくださいね。

4.ドライヤーの機種にもこだわってみる

少しお金に余裕があるのであれば、ドライヤーの種類にもこだわってみませんか?

こんな風に目線高く語っている私もかっては、ドライヤーなしで生きてきた人間でした(笑)。

元々はドライヤーの習慣もなかったし、実家から一人暮らしを始める時にたまに使っていたのは、ナショナル製の20年もののドライヤーでした。

音はうるさいしとにかく乾かないから、毎日のドライヤーが億劫だったのですが、こいつで大きく変わりました。

復元ドライヤー Home

若干値は張りましたが、とにかくすぐ乾く!時短目的には最強アイテム!

さらにこいつの特徴は、髪を傷めないように出てくる空気が低温で、そんなに頭皮が熱くならない!

どうやら水分を振動させることで気化させて乾かしているので、髪にも優しく頭皮自体も傷つけないという超絶優れものです!

頭皮を痛めてしまうと、そもそもポリピュアEXを使えなくなってしまいますしね(笑

美容室で教えてもらって即購入してみましたが、これは本当に買ってよかったです。

正直ドライヤーを掛ける時間がもったいないと思っていないので、「こいつがなかったら途中で挫折していたかも…」と考えると、自分にとっては欠かすことのできないバディー(相棒)ですね!

間違った使い方は今すぐやめよう

ポリピュアEXを使う上で見逃しがちな大切なことは、有効成分をいかに浸透させることができるかにかかっています。

育毛剤は塗布する量よりも、あくまで含まれている有効成分が頭皮以下の奥深くに届いているかにかかっています。

濡れたままの頭皮に塗布する使い方をしていて、効かないと思っていた人もいるかもしれませんね。

ポリピュアEXを使ったけど効果が感じられなかった人は、正しいシャンプー方法とドライヤーで有効成分をしっかり取り込む環境を作ってみましょう。

そうすると、今までになかった手応えを感じることができるかもしれません。

ドライヤーを使わず自然乾燥をしていると、水分の気化とともにポリピュアEXの成分も一緒に奪われている可能性があります。

ポリピュアEXには保湿目的の成分も多数配合されていますが、この湿度をほどよく保つことも育毛にはとても大事なことです。

ドライヤーを使わない、もしくは間違った方法は今すぐやめて、ポリピュアEXの有効成分の濃度を保った正しい使い方で育毛しましょう。

また、ドライヤー以外にも、
毎日自分にあった適量のポリピュアEXを塗布する、
塗布後はマッサージをきちんとする、

といったことを毎日厳守することで、はじめてポリピュアEXの効果が出しやすくなるのだと思います。

こちらのページには、わたしの1年に及ぶポリピュアEXとの激闘の記録が綴られています。

この中では、時系列での髪の変化や、使い続けてわかったポリピュアEXの効果が出やすい使い方も書いてあるので、もっとポリピュアEXを効果的に使いたい方はぜひご覧になってみてください!

ポリピュアEXを使い続けて辿り着いた!効果とデメリットを徹底紹介!おすすめの使い方も!

ポリピュアEXの公式サイトはこちら

ページのトップへ