• HOME
  • 自然乾燥はNG!ポリピュアEX使用後のドライヤー問題

自然乾燥はNG!ポリピュアEX使用後のドライヤー問題

ポリピュアEXは濃度を重要としている育毛剤です。リニューアルした時も梅おポリリン酸が30%UPという文言も記載されていましたし。しかし、ドライヤーの方法を間違えば濃度を下げてしまう事にもなりかねません。そこで、よくあるドライヤー問題についてご紹介します。

ドライヤーで乾かす前にポリピュアEXを使っていませんか?

ポリピュアEXの力を十分に発揮するためには、清潔な頭皮環境が必要です。シャンプー等等も大事ですが、ドライヤーの使い方も非常に重要です。まずはそのタイミング。

髪の毛を乾かす前にポリピュアEXをつかっていませんが?乾かす前の水分を含んだ頭皮にポリピュアEXをかけても頭皮に残っている汚い水で濃度は薄れ純度は下がり効果が薄れてしまいます。育毛剤の使い方で大切なのは、濃度を下げないことです。せっかくのポリピュアEXが薄まった状態ではもったいない!濡れたままの頭皮につけるのは厳禁です。乾かし過ぎに注意しながらドライヤーで全体を乾燥させてから塗布するのが正しい使い方です。

ドライヤーで乾かし過ぎない!

「濃度が大事」「乾いている状態が大事」と考えている人は要注意!乾かし過ぎてもNGです。乾かしすぎると当たり前の様に頭皮が熱くなりますよね。それをすぎると火傷します。火傷は皮膚が裂傷している状態になるので、育毛剤を塗布すると副作用になりやすいということですね。更に、ドライヤーを当て続けてそこがやけどで10円ハゲになってしまったなんて話も聞きますので。ドライヤーの当てすぎも要注意です。

間違った使い方は今すぐやめよう

水分が残った濡れたままの頭皮では、ポリピュアEXが薄まって正しく使えないことはお話しましたが、大切なのは、有効成分をいかに浸透させることができるかにかかっています。育毛剤は塗布する量が多いほど効くわけではありません。今まで濡れたままの頭皮に塗布する使い方をしていて、効かないと思っていた人もいるかもしれませんね。

ポリピュアEXを使ったけど効果が感じられなかった人は、正しいシャンプーと使い方で有効成分を取り込むことで、今までなかった手応えを感じることができるかもしれません。ドライヤーを使わず自然乾燥をしていると、水分の気化とともに潤いも奪われている可能性があります。間違った方法は今すぐやめて、ポリピュアEXの有効成分の濃度を保った正しい使い方で育毛しましょう。

ポリピュアEXの正しい使い方

ポリピュアEXを塗布する前に、ドライヤーで乾かします。ドライヤーは頭皮に近づけすぎないように注意し、乾かし過ぎにも気をつけましょう。ドライヤーで乾かしたら、気になる部分を中心にポリピュアEXを塗布していきます。

指の腹を使ってやさしく揉んだり、軽く押さえたり離したりを繰り返しながら頭皮をマッサージしましょう。これを6ヶ月間繰り返せばあなたも薄毛からの脱出ができるはずですよ!